関西のクライミング関係の記事を中心にアップしていきます。


by nori_climbing

プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りブログ

登攀工作員日記
つぶやき & クライミン...
PROTOSTAR
My Foolish H...
ぽんぽこぶろぐ。②
杉ちゃん日記
LEVEL BOOK

LINK

旧い僕のホームページ
Noris Page


六甲クラブ機関紙
松茸通信


ROLL OUT

いつもお世話になっているkatoさんちのHP・・



人気blogランキング


カテゴリ

全体
LINKのページ
ジム
コンペ
生岩
クライミングニュース
ランニング
マラソンレース
国体山岳競技
コンペ成績
昔の日記
PC
ローカル版8anu
釣り
クライミング・ギア
雑記
バイク
競馬
プラモデル
DATA
未分類

以前の記事

2016年 06月
2016年 04月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2001年 09月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月

最新のコメント

まるちゃんは、スイスに遠..
by mizunoawa921 at 22:49
リン・ヒルは昔からかっこ..
by mizunoawa921 at 01:11
兵庫県のジュニアは頑張っ..
by 石原謙 at 14:15
ども(^^) まあボチ..
by nori_climbing at 18:25
先日研修所での登り拝見し..
by おぎち at 19:01
あっ^^;)ぜひ、秋に山..
by 寒いかも、と思ったのに。 at 11:06
ホテルでお会いしましたよ..
by nori_climbing at 17:00
お疲れ様でした!お会いで..
by 寒いかも、と思ったのに。 at 09:55
休みなしで営業しますよ ..
by ガレーラ at 02:03
昨日はありがとうございま..
by ガレーラ at 12:56

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2006年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

12/31 篠山ABCコース

田舎に帰ってコースの一部(20k)を走る。
この前の20kランで途中来た膝の痛みも無く無事走りきることができてちょっと安心。。。しかしペースを上げて走ることに恐怖感があり軽く流す感じのペースで走る感じで終始してしまった。
[PR]
by nori_climbing | 2006-12-31 11:36 | ランニング

12/30 餅つき

大阪の泉南へ餅つきに・・・。
[PR]
by nori_climbing | 2006-12-30 11:35

12/29 OCS

今年の登り納め・・
OCSに行くとくららちゃんがいたので軽く登る。
くららちゃんは僕の設定した5.11cdの核心部課題を一撃したそうだ(凄い!)でも5.10dくらいのムーブではまってしまったりとムーブの相性によって出来不出来の落差が大きいですね・・この辺のギャップを埋めて行くとどんなルートにも安定したクライミングができるようになってくるとおもうのですが・・。
[PR]
by nori_climbing | 2006-12-29 20:32 | ジム

ジャパンカップ 加須>動画

チャンプ村岡くんの完全完登しーんが見られないのが残念ですが・・・・
ここにあります。

男子決勝の弟4課題、格好いいですね。4手目のリップカチへのランジがしびれます・・・
アキヨちゃんはルートのような登りで途中チョークアップしてますね・・余裕といったところでしょうか?
[PR]
by nori_climbing | 2006-12-27 22:15 | コンペ

12/27 OCS

なんか午前中はルートセットに思いを色々巡らせていたので昼休みに早速課題設定・・・
1本やるがなかなか手強いけど結構面白い・・
[PR]
by nori_climbing | 2006-12-27 13:03 | ジム

ルートセットの難しさ・・ジャパンカップに思う。

今回のジャパンカップは本当に色々あったようですね・・僕は行ってないので他のブログやWebで見た感じですが・・・
とにかく男子予選の課題が相当悪かったようで1課題でも登れれば予選通過という激烈なものになったようです。去年の神戸大会の時の予選は5課題中2課題がサービス課題ということで「高いエントリフィーを払って来てもらってるので最低1課題は登らせてあげよう・・」というセッターの”ありがたい”配慮があったように思いますが今回は情け容赦なかったみたいですね・・・。
去年、予選を全課題完登し予選2位で見事決勝4位に入ったチュウゲンは今年まさかのK点も取れずにノーポイント!他にもこのノーポイント(最下位)にはヨーロッパで修行してきたマサトシ君やチュウゲンのライバルのK西くんやパンプ大阪の店長の名前も・・・41人が最下位に並ぶという結果に参加選手も相当ショックを受けたようですね・・・。セッター陣もこのような結果をまさか予想していなかっただろうしギャラリーも見ていておもしろみに欠けるコンペになったのではないでしょうか?そんな中、3課題の完登をゲットしたアキトくんはやはり凄いですね・・ルートクライマーの印象が強かった堀くんも2課題でケイタくんや数馬君と並びボルダー能力も高いということを証明しましたね・・・
セミファイナル、決勝は修正を加えたみたいでそれらしい完登数が出て順位もばらけていますね・・・
びっくりしたのはチーフセッターのI山氏は国際ルートセッターの資格を返上したそうです・・今回の事が大きな要因だったようですが・・・氏がJFAのWebに今回の事について書かれた文章がアップされてますが「セッターの条件というのは1から100まで登れてなんぼという単純な事です。経験値など年寄りの戯言でしかありませんでした。・・・」そうなんでしょうか?確かに登れる事は重要なんでしょうが最近のコンペではグレードがどんどん上がっていき国内コンペでも5.14なんかが出てくるようになって来ていますがセッターが絶えずそのレベルを維持していくのは相当大変なんではないでしょうか?経験に裏付けされた課題へのひらめきや洞察力も大切なんでは?下にリンクをはらしてもらっているピラニアのやまもりさんも言われているようにルートの構成に若干問題があったのと普段ボルコンと言えばセッション方式に慣れている選手のUIAA方式に対する戦略的な失敗もあったんではないでしょうか?でもこればっかりはやってみないと解らないですよね・・まあそれを加味して設定するのがルートセッターというもの何でしょうが・・・僕も何回かコンペのセッターをやらして貰いましたがI山さんが言うように全部自分が登れる課題をコンペに出した事はなく・・「これくらいなら強い奴はやってくれるだろう・・」という希望を込めた課題をコンペ課題に出した事もけっこうあります。先日あったSCCコンペではキムくんから「初心者の人が多いのでその人達も楽しめる課題を多くお願いします」とリクエストを貰っていたんだけど結果を聞くと28課題あって1本も登れなかった人が二人もいたそうです・・・自分では「打ち込めば登れるだろう・・」という希望的観測で課題にしたわけですが見事に外れてしまった訳です。。。易しいのは簡単に作れるけど易しくて楽しい課題は結構悩むんですよね・・・I山さんとは次元が違いますがホント難しいです。余談ですが・・今年の秋の国体のルートセットもI山さんがされたのですが見ていて是非とも登ってみたいと思いました。
I山さんのコメント

今回現地で見られていたピラニアのやまもりさんのブログ・・なかなか詳しく深く分析されています。
ここです。

今回のセッターの一員だったシンタくんのブログは
ここです。 彼の言っている事も一理ありますね。敵を作りそうな文章ですが・・・

今回のセッターの一員だった大ちゃんもコンペから遠ざかるそうです・・・なんでこうなるんでしょう・・・彼のブログはここです。

昔僕が書いたルートセットに関するブログ
ルートセットの難しさ
[PR]
by nori_climbing | 2006-12-27 11:10 | コンペ

12/26 OCS

お昼にOCSへ・・・
いまいち課題作成のイメージがわかないので時間だけが無駄に過ぎてしまい結局1本登っただけ・・・ついにイメージが枯渇したのか?それともボケが入ってきたのか?
[PR]
by nori_climbing | 2006-12-26 12:56 | ジム

12/25 OCS(夜)

SCCの繋ぎでアップ。
1-2-3-4-5でやはりエイリアンからのデッドが決まらない・・この1本だけならなんてことないんだけど継続すると垂壁と言えどもよれてくるのか?

この前の女子コンペ決勝にOSトライ。
結構出だし8手目から9手目がやばかった。
13手のクライムダウンも結構・・
20手から21手目のクライムアップも・・・
そして25手目から体を返せず・・・・
リザルト見てみるとO山さんは28手までいっているではありませんか!負けてしまいましたね・・ちょっと凹みました^^;;25手の返しの部分はホールディングの仕方に問題があったようです・・もう少しちゃんとオブザベするんだった(反省)
気分を入れ換えるためにK田さん2号とセッション。今日はタワーでセッション・・みんな結構ヤバイくらいにおもろかったけど最後の課題で二人とも打ち込みモード全開!最初はこんなんありえへんって感じの二人だったけど打ち込むごとに徐々に高度アップでついにK田さんが完登し続いて僕もフィニッシュ!先をこされ僕が負けた形になったけどこの課題はナイス!これど生岩ボルダーって感じですね・・アドカンに感じが(アドカンほど難しくはないけど)・・・。

垂壁の一番上から豪快に飛んで降りている人がいたので「それはやめた方がいいんじゃないですか?危ないし・・・」と言ったら「なんでソンなことおまえに言われなあかんねん!」って感じの顔されていたけど仕方なく落ちるのは仕方ないとしてもなんかあまりにも豪快なので・・・それも僕の目の前に飛んできやはるので思わず言ってしまったって訳です。
[PR]
by nori_climbing | 2006-12-26 08:22 | ジム

12/25 OCS

お昼のOCS。
SCCの繋ぎ物・・1-2-3-4-6-5と垂壁の全制覇を企てるが5番のエイリアンからの終了点タッチで終わってしまう・・へぼい・・・設定者なのに^^;;

新しくできていたA壁~C壁の茶色(足フリー)をやるけど意味不明^^;;;

毎回SCCの繋ぎ物やっていますが実は最初からこういう風に練習するつもりで作ったんです・・・だからボルダー課題なのに殆どボルダーチックなものがありません。唯一あるとすればルーフの足ブラスタートの14番かD壁裏のやつくらいでしょうか?Sマンが真?のボルダー課題をやってくれると思っていましたので僕は設定者の特権でルート切り抜き課題作りに精を出したという訳です。
[PR]
by nori_climbing | 2006-12-25 13:06 | ジム

12/24 クリスマスイブ

b0047265_17275168.jpgうちは曹洞宗なのでなにもありません^^;;
今日も長男の勉強の監視役です。冬休みの宿題を今日中にしないと僕の部屋から出さないつもりです・・・。
有馬記念久しぶりに見ました。やはりディープ&武は強くて格好いいですね・・・15年前のオグリキャップ&武を思い出しました。あのときは結構オグリに対しては割合みんな微妙に冷静だったのですがその予想を覆して見事優勝・・今回はダントツの一番人気からの優勝なので感動の度合いではオグリの時の方が大きかったように思います・・そういえばこの長男はこの年の7月に生まれました。
妊娠3ヶ月目で流産の危機に見舞われあと数時間後に処置しますと医者から宣告されましたが粘り腰でなんとか母親の胎盤に踏ん張ったかと思ったら予定日よりも1ヶ月も早く出てきてしまい1750gの超未熟児で1ヶ月間もの間保育機の中で過ごしそれも無事終わったかと思ったら今度は小児科医から目が見えないかも・・というとどめを刺されましたが別になんてことなくしっかり見えています・・・しかしこの子には僕たち夫婦は本当に何回も泣いたり不安になったりほっと安心したり・・その分よけいに甘やかしてしまったようです・・真ん中の娘なんか気がつけば生まれていたという感じで心配もなんにもしていなかったように思います・・まあとにかく彼には偉くなってくれとはこれぽっちも思いませんがせっかく無事に生まれて来たんだから普通に自分で楽しく生きていって欲しいです・・。
[PR]
by nori_climbing | 2006-12-24 17:27