関西のクライミング関係の記事を中心にアップしていきます。


by nori_climbing

プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

登攀工作員日記
つぶやき & クライミン...
PROTOSTAR
My Foolish H...
ぽんぽこぶろぐ。②
杉ちゃん日記
LEVEL BOOK

LINK

旧い僕のホームページ
Noris Page


六甲クラブ機関紙
松茸通信


ROLL OUT

いつもお世話になっているkatoさんちのHP・・



人気blogランキング


カテゴリ

全体
LINKのページ
ジム
コンペ
生岩
クライミングニュース
ランニング
マラソンレース
国体山岳競技
コンペ成績
昔の日記
PC
ローカル版8anu
釣り
クライミング・ギア
雑記
バイク
競馬
プラモデル
DATA
未分類

以前の記事

2016年 06月
2016年 04月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2001年 09月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月

最新のコメント

まるちゃんは、スイスに遠..
by mizunoawa921 at 22:49
リン・ヒルは昔からかっこ..
by mizunoawa921 at 01:11
兵庫県のジュニアは頑張っ..
by 石原謙 at 14:15
ども(^^) まあボチ..
by nori_climbing at 18:25
先日研修所での登り拝見し..
by おぎち at 19:01
あっ^^;)ぜひ、秋に山..
by 寒いかも、と思ったのに。 at 11:06
ホテルでお会いしましたよ..
by nori_climbing at 17:00
お疲れ様でした!お会いで..
by 寒いかも、と思ったのに。 at 09:55
休みなしで営業しますよ ..
by ガレーラ at 02:03
昨日はありがとうございま..
by ガレーラ at 12:56

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

3/30 OCS

夜勤明けでOCSへ・・・
ケイタ課題にトライするもなかなか・・・なんとか奥左の赤黄色ゲットで4本目
なかなか思うようにいかないけど地道にやるしかないなあ。。
最近、午前中に時々会う青年とちょこっと話しをする。なんでも山屋指向でアルパインもやりたいという今時のクライマーには珍しいことを言っていた。僕の若い頃は大体みんな、どこかしらの山岳会に入って山歩きから入り本ちゃんと言われるアルプスのクライミングや冬山をやるというのが一番の目標でクライミングというのはあくまでもその為の練習という位置つけだったんだけど今はスポーツクライミングと呼ばれるのが若者のクライマーのメインの行動パターンになっていると思うんだけどなあ・・・僕もヨセミテや名張に行ったりもしたけど冬の氷りや岩登りもしたりと結構オールラウンドにやっていたんだけど年齢も50才になり家庭のことを考えるとなかなか前みたいに寒い中、山に入るとういのはちょっとしんどいなあ。。。
b0047265_10402761.jpg同じしんどい事やるんだったらマラソンの方がまだがんばれる気がしますね^^)。。危なくないし・・左の写真は僕が22才くらいの時・・まだ山岳会に入っていて会のメンバーと冬山にもいきながら名張でヨセミテの為にトレーニングしていたころですね。。。いやあ若かったなあ・・昔話しをし出すといよいよ俺も年寄りの仲間入りかあ^^;;;
[PR]
by nori_climbing | 2010-03-31 10:42 | ジム

8才で三段!

アメリカの8才の女の子が三段登っているっていうのをwebで見つけました。いやはや凄いですね・・・アシーマ・シライシっていうたぶん日系人の女の子だと思うんですがもうすでにイボルブのスポンサードを受けている立派なプロクライマーです。なんでも三歳から岩場に行っているそうですが。。やっぱ親ですね。。。ちなみに2月に行われたアメリカのボルダリング選手権(ABS)の女子11才以下のクラスで優勝しているそうです!
b0047265_824424.jpg

親では無くても熱心な指導者と恵まれた環境によってめきめき力をつけている子供達もいますよね。
この前の週末に行われたユース選手権では2期生さんが率いる湯原の子供達が大活躍したみたいですね。。ユースB男子ではファイナリスト6人の中に湯原の子供が2人も入ってましたね。。いやあこれからが楽しみです。
俺はというと最近さっぱり駄目ですわ・・茂垣くんの作ってくれた課題まだ3本ぽっちりしか登れていません。。。なんとか5本は登りたいなあ。。。
[PR]
by nori_climbing | 2010-03-30 08:02 | クライミングニュース

アダムくんのインタビュー・その1

去年はシニアのコンペにデビューしいきなりリードの年間チャンプ、そしてついこの前5.15bを落としいまや世界最強の16才のクライマーのチェコのアダムくんの最新インタビューが載っています。
結構長いインタビュー記事なのでとりあえず最初の部分だけ載せました。いかんせん英語はあんまりできないので誤訳があるかもしれませんがお許しを・・・現文はここです。

アダムオンドラ、現代のスポーツ・クライミングの限界を広げて、新しいレベル引き上げた青年はの成功の秘訣はなんだろう? その謎をさぐるため、私たちは、様々な質問をアダムにインタビューしました

b0047265_954432.jpg

1. 君はどのようにしていつクライミングを始めたのか?

私の両親は30年間登っています、そして、私が赤ん坊であった時から、彼らは私を岩場に連れていきました。 また、僕もそれに非常に好奇心を持ちましたし両親がどこからの前傾壁をを登ったとき、3才か4才で、僕は、以前はよくロープにぶら下がってぶらぶらしていました、そして、本当に、それは好きでした。 その後すぐ、また、私は度登ろうとしたんですがそのときには単に背が低過ぎました。
少なくとも6aを登には十分なほど成長した6歳以来私は頻繁にクライミングに行っています。


2. 昨年、私は、Puurs(ベルギー)のワールドカップにおけるあなたの実績を見ることができました。 驚くべきはあなたが決勝ルートを完登した唯一の選手であったということでした! 成功の秘訣は何ですか? あなたの生まれながらのクライミング能力、経験、モチベーション、およびトレーニングの役割は何ですか?

それを言うのはなかなか難しいですね、この成功は多くの要素に依存していると思います。 まず第一に、私は、私の両親のおかげで私のクライミングの大きい才能を最も良い状態に引き出す事が可能になりました。 私は、絶えず、岩場で登って、登る際に私のテクニックと効率を高める可能性がありました。
第二に、私はすぐに完全にクライミングの全てにはまってしまいました。もしあなたが真面目にそして情熱をもってトレーニングすれば、すべてがずっとうまくいきます。あとは。。。うーんよくわかりません^^;;

まあ要するに環境ですね。。。日本でも親がクライマーで子供がクライマーで才能を発揮しているというのが何例もありますね・・アキトくん、Dマン、ヤマタケ・・この前イギリスで激しいトラッドクライミングをしてきた長野の中嶋くん(兄弟で・・)も・・・

続きはまたのちほどアップします・・・
[PR]
by nori_climbing | 2010-03-26 09:49 | クライミングニュース

しびれるー!

b0047265_12321723.jpg
まだ雨が降っているのでOCSにいかず設計室のPCでねっとさーふぃん・・・
ビショップボルダリングブログってサイトみてみると痺れる写真みつけました。
b0047265_1233137.jpgバターミルクってエリアにあるAmbrosiaって課題だそうですが考えられないくらいに高い!殆どルートのフリーそろです!V10らしいのですが。。。下には1ダースのマットを敷き詰めているらしいのですがそんなの関係ないっていうくらいの高さですね。。。写真のクライマーの大きさから判断すると大体12mくらいあるんではないでしょうか?12mって言ったらそのへんのジムのリード壁の大きさですよ!やっぱ、アメリカ人は頭、飛んでますなあ!
あとからネットでしらべるとクリス・シャーマのジャンボ・ラブのやつと一緒のDVDに入っているそうなのでもう見た人も多いんでは?僕は見たことないんで是非みて見たい!!ああ、、またまたネットで調べた結果ですが(みんな英語なのでなかなか時間がかかって^^;;)・・初登者(左の写真は第二登)はトップロープで練習してから登ったそうですわ・・・ところでちょっと気になったのですがビショップでは岩がデカイのかどうかしりませんがムーブをさぐったり岩を掃除したりするのにトップロープをつかう時が度々あるそうですね。。。日本ではどうなんかなぁ。。あんまり聞いたことないけど。。
俺の一番の今までのハイボール課題は小川山のクジラ岩の裏側にあるグロバッツスラブの右側にある3級のクラックの課題でムーブは簡単なんだけど最後のトップアウトするところがコケだらけでメチャくちゃ怖くて怖くて・・・結局そのままクライムダウンしてきましたが。。
[PR]
by nori_climbing | 2010-03-25 12:32

Kiaora Bros

b0047265_7561359.jpg西明石のジムなんですが4/1(木)にオープンだそうです。
ジムの名前のキオラというのははニュージーランドの先住民マオリ族が使う挨拶だそうです。ジムのブログに写真載ってますがかなり立派ですね。壁のつながりの感じを見てみると長物の練習にも良い感じですね。。。明石高専の連中なんかここで鍛えればメチャ強くなりそうな感じですね(^^)
ちょうどこの日は非番なので大阪からでも新快速に乗ったら50分弱でいけてしまうので行ってみましょうかね?

話しは変わりますがなんか最近ずーっと雨ですね。。。雨の中OCSにいく気合いもないので先週から全く登りにいってませんわ^^;;明日は非番なので明日行って土曜日もいくつもりですが・・・。

またまた話しは変わりますがぽんさんのブログ久し振りにおじゃましましたが相変わらず熱いクライミングされてますね。。ほんま凄いですakoさんもそうですがあの情熱はどこから出てくるのでしょうか?振り返って自分をみてみると情けないこと。。。
[PR]
by nori_climbing | 2010-03-25 07:57 | ジム

クライミングの力

b0047265_18355074.jpg
8anuに紹介されていましたが。今までクライミングというものが全く認知されていなかった南米ウルグアイで過酷な貧困やダウン症などのハンデを持った子供達にクライミングを教え、今まで生活の貧しさゆえに日常生活がサバイバル競争状態にあった子供らがお互いに敵対して生きてきたなかクライミングを通じてお互いに対する責任、仲間を学びとるようになってきたと書いてあります。
インソラクターは「彼等を優れたクライマーにするのではなくよりよい方法で日常生活と社会に対処するツールを与えることです。彼等はクライミングギヤの整理、整頓を行いジムの中をきれいに保つことを学び彼等の多くが学校へ行き始めます。・・」またダウン症などのハンデを持った子供と健常者の子供を一緒に学ばすことによりハンデを持った子供は健常者の子供達から刺激をうけ片方の子供達はハンデを持った子供らに思いやりの気持ちが出てくるという風にこの団体のHPには書かれていました。

なかなか今までの自分を振り返ってみると考えさせられます。。。ここ数年は高校生達を少しでも強く、少しでも高いグレードを・・・とやってきましたが果たして彼等に登ること意外に何か与えられたでしょうか?・・・また今年もそのシーズンになってきました・・・。
[PR]
by nori_climbing | 2010-03-24 18:35 | クライミングニュース

なんだかだらけた連休でした。

実はこの前の3連休はだらけたものになってしまいました。
クライミング愛好家の皆さんはあちこちに登りにいかれたと思いますが僕はまったく登らず。。
土曜日は田舎で葬式
日曜日は神戸に観光
月曜日は家で飲んだくれ。。。
いやはやほんまこんなんではいかんと思いながら。。。
ちなみに日曜は嫁、娘と北野異人館~元町南京町というほんま定番神戸観光コース・・僕は神戸には13年住んでいたんですが北野も南京町もあんまりというか殆どいったこと無いんです・・・たいがい三宮の東門で飲んだくれるか三宮の東遊園地か大蔵山のグランドで組合のデモか集会するだけでしたから・・・
b0047265_12593983.jpg

上の写真は風見鶏の館。。

b0047265_1342273.jpg

北野坂にあるこのお店の名前から保塁岩のサラマンが生まれました。ちなみに僕と嫁が初めて会ったのもこのお店^^)いやはやなんと25年前!ほんまあのころは俺も嫁も若かった!

b0047265_1371413.jpg

北野坂のパン屋さんで買ったパンを買い食いする行儀の悪い嫁と娘・・・

b0047265_1382065.jpg

南京町のコーラの自販機はいかにもチャイナー!!
[PR]
by nori_climbing | 2010-03-24 12:59

神戸・三宮&西明石に新しいジムが・・

4月から神戸に新しいジムがオープンするみたいですね。今も神戸のダウンタウンにはロックガーデンというジムがありますがそれとの競合という形になってしまうんでしょうか?うーんいよいよクライミングジム戦国時代に入ってきましたね。今度のジムが登山用品販売店大手の好日山荘がサポートしているようですね・・・リード壁もあるようでどんな感じなんでしょうか?ブログでは高さ8mというこで本当はもう少し欲しいとこなんでしょうが練習方法によっては十分持久力トレもできるでしょう。面白いのはビレーチケットというのがあってスタッフにビレーして貰うときにはチケットを切らなければならないみたいですね・・・これは日本では初めてのシステムなんかな?詳しくはここで・・・
b0047265_10153369.jpg

それと同じくらいに西明石でもジムがオープンするそうで。。。こりゃ兵庫もいよいよクライミング盛んになってきそうな雰囲気ですね・・写真みた感じでは結構デカイでっせー^^)/
ここのブログに載ってます。。
ちなみに現在、兵庫でクライミング施設と呼べるものは・・・
1.登山研修所(神戸市・ボルダ・リード)
2.ニシキタウォール(西宮市・ボルダ)
3.スハラジム(西宮市・ボルダ)
4・ロックガーデン(神戸市・ボルダ)
5・レッドクリフ(加古川市・ボルダ)
というところですがこれに二つが加わるわけですね。。ただやはり県南の阪神播磨地域に集中していますね。。県中部の丹波、県北の但馬地区にもこれから増えていって欲しいと思いますがいかんせん人間の数が・・・但馬なんか行ったら人間よりも牛の数の方が多い・・って言ったら怒られるかな^^;;;
[PR]
by nori_climbing | 2010-03-24 10:15 | ジム

ドリームタイム 第2登?

b0047265_18171062.jpg滋賀の村岡くんがスイスの超有名課題であるドリームタイム(シットダウンver・8B+)を登ったそうだ。
詳しくは彼のブログで・・・8anuにもアップされていてホールドが壊れてからはナーレに続き第二登だそう・・・世界で二人目!凄い!!8anuの記事ではアダムオンドラに続き第二登と書かれていますがコメントが何本かあり初登はナーレでアダムくんはホールドが壊れる前に登ったみたいですね。。。あと名前がタツヤなのにタツヨ・ムラオカになっていますね^^;;
実は8anuにコメント書いたら名前は修正されてましたね。。。
[PR]
by nori_climbing | 2010-03-19 18:14 | クライミングニュース

3/18 OCS

夜勤あけでOCSにいくとケイ太くんが課題を設定していた。黄色テープがやさしめだそうだけど全く登れん!話にならんって感じでクライミングやる資格なしって言われているようで凹んでしまう。ちょっとマジでクライミングに対する考え方変えないとほんまこのまま終わってしまいそう。酒減らしてしっかり走り込んで筋トレもしないといけないだろうなあ。この週末から取り組んで行きましょう。今日は夜勤で明日は実家の自治会のお葬式のお手伝い。僕より4才上の女性の方がなくなったそうで大概お年寄りのお葬式が多いんだけど今度はちょっとつらいお葬式になりそうで気が重い。何時かは誰しも死んでいくんだけど54才はやはりまだまだ死ぬには早いですよね。まあ俺も酒飲みまくっていると人生、早じまいしてしまうかもしれませんね。せめて娘が嫁にいくまでは生きていたいもんです。
[PR]
by nori_climbing | 2010-03-19 12:16 | ジム